Profile
美食を楽しむように歯を守りましょう

歯周病予防、治療で基本となるのが『プラークコントロール』です

2017/05/12 18:00

歯周病は歯の周りの骨が溶ける病気で、かつては歯槽膿漏という名で知られていました。歯周病の怖いところは、初期や中期の段階では痛みなどの症状がほとんどなく、かなり進んでいても歯ぐきに腫れが見られたり多少出血する程度で、ほとんど自覚症状がない点です。http://www.zetadental.jp/

強い痛みを感じたり、歯に空いた穴を舌で触ることができたりというわかりやすいサインのある虫歯とは異なり、違和感を感じて歯科医院に来院された時にはすでに手遅れになっているケースも少なくありません。日本人の成人の約80%が歯周病にかかっているというデータもあり、歯を失う原因の第一位がこの歯周病なのです。

歯周病の原因http://minaminami.soreccha.jp/

歯周病の直接の原因は、プラーク(歯垢)です。プラーク中にはむし歯菌や歯周病菌が、1mg中になんと1億個以上いるといわれています。この中の歯周病菌は歯磨きを怠ったり、砂糖を取りすぎたりしますと、歯周ポケット内で異常に増殖し、それらが産出する毒素や酵素によって歯周組織に炎症をおこし、歯槽骨をとかす歯周病へと進行していきます。また、歯石はプラークが石灰化して固まったものです。表面がざらざらしているのでさらにプラークがたまりやすくなります。歯石はうがいや歯磨きでは取れないので専門家にとってもらうしかありません。そうなる前にまず歯磨きでプラークをきれいに取り除くことが大切です。

軽度の歯周病

主に歯磨きの時の出血や、歯ぐきがむずむずしたり浮くような症状が現れます。歯槽骨や歯粘膜が徐々に破壊され、歯ぐきの腫れや炎症を引き起こしている状態です。

中等度の歯周病

主に歯ぐきが赤黒くなったり、血や膿が出たり、痛みがあるといった症状が現れます。歯の隙間が大きくなる、歯が長く見えるといった外見からの症状も見えてきます。歯槽骨が半分近くまで破壊されている状態で、一刻も早く治療を始める必要があります。

重度の歯周病

主に歯がぐらついて物が噛みにくくなったり、膿や細菌による強い口臭や、食事や会話で歯ぐきに痛みが伴うといった症状が現れます。処置が困難になっている状況が考えられ、抜歯の可能性もあります。一刻も早く治療を始める必要があります。

歯周病の治療法

歯周病予防、治療で基本となるのが『プラークコントロール』です。

プラークコントロールとは歯周病の原因である『歯垢(プラーク)』の増殖を抑えることを目的とした予防、治療法です。

正しい歯磨きの仕方や歯科医院でのケアで、プラークコントロールをする事が歯周病予防、治療の基本となります。

クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください