Profile
美食を楽しむように歯を守りましょう

歯のつけ根の表面に、プラークがたまり、歯ぐきに炎症が起こります

2017/05/16 17:57

歯周病は、歯の表面に付いた汚れ(プラーク)が原因で、歯を支える周りの組織に起こる病気で、 歯を失う大きな原因になっています。程度の差はあっても、ほとんどの大人が歯周病にかかっているといっても過言ではありません。 初期症状がないほとんどないため、発見が遅れ手遅れ(抜歯)になることもあります。そうならないためには、日頃のケアー(ブラッシング)と定期健診が大切です。

http://hanokennkou.shiga-saku.net/

歯肉炎

歯のつけ根の表面に、プラークがたまり、歯ぐきに炎症が起こります。ブラッシングした時や、硬いものを食べると出血することがあります。これくらいでは、まだ痛みもありません

http://www.zetadental.jp/

歯周炎

プラークが歯石になり、歯石は大きくなって歯肉溝の中にも広がっていきます。ポケットはだんだん深くなり、歯ぐきの弾力性はなくなり、歯周ポケットと呼ばれる空間ができます。炎症も進み歯槽骨の破壊も始まります。

重度歯周炎

症状が進むと歯周ポケットがさらに深くなり、歯槽骨がほとんど破壊され、歯がぐらつき歯の根もみえてきます。出血や口臭も強くなり、常時歯ぐきからウミが出るようになります。

歯周病は治りますか?

歯周病を治す為には、炎症の原因である細菌の減らすことに尽きます。細菌の棲みかであるプラークは、ブラッシングでも除去できますが、かなり上手な方でも除去率は70%程と言われています。

すでに、歯肉炎や歯周炎の症状がある場合、歯ブラシでは、なかなか届かない歯周ポケットの奥深くに、プラークや歯石が隠れているはずです。歯石とは、プラークが唾液中のカルシウムを取り込んで固まった軟石状のものです。しつこく歯にこびり付く為にセルフケアでは取れません。

そこで、歯茎に隠れたプラークと歯石を徹底的に取り去るために、歯科医院では、スケーリング・ルートプレーニングを行います。歯肉縁下のスケーリング・ルートプレーニングで、プラークと歯石を徹底的に取り除けば、私は8割近い歯周病が手術なしに治癒すると考えています。とはいえ、その限界もあります。いずれにせよ、重度に進行してしまう前に、歯科医院の定期健診とスケーリング・ルートプレーニングで貴方の歯を守っていきましょう。

クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください