Profile
美食を楽しむように歯を守りましょう

虫歯と違い、歯周病は「痛み」を感じずに症状が進行していきます

2017/08/07 16:11

歯周病とは、おもに歯周病菌の感染によって起こる感染症で、歯を支える歯槽骨(しそうこつ)という骨が溶けていく恐ろしい病気です。歯ぐきの腫れや出血、口臭、歯の揺れなどの症状があり、最悪の場合には歯が抜け落ちてしまうこともあります。歯周病を治療するにはお口の中から菌を除去して、再感染を防がなければなりません。再感染を防ぐためには日々のセルフメンテナンスがとても重要です。また咬み合せの不具合によって起こることもあり、原因をきちんとつきとめてから治療する必要があります。

http://www.zetadental.jp/

痛みがなく進行します

虫歯と違い、歯周病は「痛み」を感じずに症状が進行していきます。気づいた時には歯がグラグラと揺れていて、手遅れの状態になってしまうことも少なくありません。

体の病気にも関係しています

歯周病が悪化をすると、菌が血管に入り込み、血液の流れに乗って全身に広がっていきます。ガン、心筋梗塞、高血圧、脳卒中、肺炎、糖尿病など、あらゆる病気の原因になることもあります。

お口全体に広がります

虫歯は歯磨きに不備のある箇所で集中的に進行しますが、歯周病はお口全体に菌が広がっていきます。最悪の場合、全ての歯が抜け落ちてしまい、総入れ歯になることもあります。

骨を溶かす病気

歯茎から血が出る病気、ではなく歯を支える骨を溶かしてしまう病気です。症状が進行すると、歯が抜け落ちてしまいます。歯を失う一番の原因です。

こんな症状が一つでも当てはまる場合は、可能性があります。

歯茎から出血する。

口臭が気になる。

朝起きると口の中がネバネバする。

歯と歯の間に食べ物が入りやすい。

歯が動いて食べ物が噛みにくい。

歯茎が腫れて時々痛みがある。

http://www.musublog.jp/blog/pinshi000/

ブラッシング指導

歯周治療の最初かつ最も重要な柱がプラークコントロールです。これまでも繰り返した様に、歯周病の根本的な原因は、歯垢(プラーク)です。まずこの歯垢を取り除く事が治療の大前提です。そのため繰り返しブラッシング指導を行ないます。毎日の正しいブラッシングによって歯垢がつかない状態になっただけで、歯肉の炎症がかなり収まってきます。

クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください