Profile
美食を楽しむように歯を守りましょう

歯周ポケット3~5mm程下がった状態です。

2017/10/11 17:43

歯周病は、歯垢が歯と歯肉の間に挟まる事で炎症を起こし、骨を溶かして最後には歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気で、日本人の約80%が歯周病にかかっていると言われています。

歯周病はむし歯と違い、軽度から中等度ではほとんど症状がなく進行するので、自分ではなかなか気が付きにくく、痛みや腫れに気付いた頃には歯周病がかなり進行している事が多いので厄介です。歯周病の原因は主に歯垢・歯石で、取り除く事で大部分が改善されます。歯を失わないために、早めの治療で歯を守りましょう。http://www.zetadental.jp/

歯肉炎

歯肉部分に炎症が起きている状態です。

歯肉が腫れ、歯と歯肉の間に歯周ポケットと呼ばれる溝ができて歯垢(プラーク)が溜まりやすくなります。

この段階であれば、適切なブラッシングで治すことも可能です。 

軽度歯周炎

歯周ポケット3~5mm程下がった状態です。

歯茎が炎症を起こして、腫れや出血を起こし、歯茎が下がってしまいます。

歯のぐらつきはあまりありません。

スケーリング・ルートプレーニングで、歯石・歯垢の除去を行います。

中等度歯周炎

歯周ポケットが4~6mmとさらに深くなります。歯槽骨の破壊が進み、歯がグラグラしてきます。

重度歯周炎

歯周ポケットが7mm以上になり、歯槽骨が半分以上破壊された状態です。歯の付け根がむき出しになり、その歯はやがて抜け落ちます。外科手術による再生治療などがありますが、歯を失ってしまった場合には、入れ歯やインプラントの治療になります。

歯周病の予防はどうすればよいのですか?

食べたらみがくという習慣をつけることが大事です。その際、正しいブラッシングでプラークを取り除き、歯周ポケットをつくらないようにします。正しいブラッシング指導は当院で行っていますのでぜひご相談ください。また、不規則な食生活、偏食、喫煙などの生活習慣を改善することで抵抗力が高まり歯周病の悪化を防ぐことができます。

クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください