Profile
美食を楽しむように歯を守りましょう

歯周病とは口内の細菌によって引き起こされ、歯を支える周りの組織に起こる病気の総称を言います

2017/11/06 14:58 お買い物

35歳~44歳の方ではおよそ85%、45歳~54歳ではおよそ90%の方が、歯周病にかかっていると言われています。http://www.zetadental.jp/

歯周病の原因はプラーク(歯垢)がたまることから始まります。プラークがたまると、ここを住処として、歯と歯肉の境目や歯と歯の間、歯のくぼみなどに細菌が繁殖します。歯周病を予防し、進行を防ぐには、プラークをためないことが大切です。典型的な重度歯周炎の状態は、歯肉は赤くブヨブヨしていて押すと膿(うみ)がでてきます。歯はグラグラしており歯並びも乱れています。

このまま放っておくと次々に歯が脱落してくるでしょう。このような歯周病の歯は昔はほとんど抜歯されていました。しかしながら歯周病の治療の発達により現在ではかなりのところまで治せるようになってきています。治療は歯周病の進行具合によって変わります。

歯周病の予防プログラム

ブラッシング指導とご自宅でのケア

染め出しによる磨き残しのチェックを行い、歯磨きの問題点を調べ、効果的に行えるブラッシング(歯磨き)の指導を行っています。お口状況によっては歯間ブラシやデンタルフロスの使用法も説明します。

生活習慣を改善しましょう

カウンセリングから、患者様の日常生活・習慣をお聞きしておりますので、その結果から歯周病を改善していくために必要なこと、止めたほうが良いことなど、改善していく内容について詳しくご説明します。

PMTCを受けましょう

歯周病治療後のメンテナンス時にPMTCを行います。

PMTCは、歯科医院でクリーニングペーストと専用の機器を使用して行う口腔内のクリーニングの事です。歯周病はバイオフィルムにより、歯周ポケットなどの歯周組織でどんどん進行していきます。PMTCでは、日頃の歯磨きでは落とせない歯周病の原因であるプラークや歯石などのバイオフィルムを、確実に除去することができます。

定期検診を受けましょう

歯周病は気づかないうちに進行していきます。歯がグラつくようであればかなり進行しています。定期的に歯科医院でチェックを受けていただくことで、日ごろのケアの改善点がお伝えでき、プロによる歯のクリーニングを行い、再度、歯周病予防のスタートを切りましょう。

クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください