Profile
美食を楽しむように歯を守りましょう

歯周病は、歯科の三大疾患の一つで日本人に多い病気です。

2018/04/09 15:02 朝ごはん

虫歯にならないよう歯を守る事も大切ですが、歯を支える歯茎もとても大切です。症例は、歯を支えている歯肉や顎の骨が、化膿したり破壊されたりする病気です。 歯周病は限度を越えてひどくなるとどんなに一生懸命に治療しても手遅れになります。治療に早すぎるという事はありません。

http://www.zetadental.jp/

予防歯科

歯科医院のイメージというと、“歯が痛くなったら、行く”というものであると思います。

治療でも痛い思いをして、“歯医者恐怖症”になってしまいますと、なかなか歯科医院に行きたいと思われないでしょう。予防歯科は、まず痛む前に歯科医院に行くことで、健康的なお口を手に入れる治療法です。 また、予防であれば治療に痛い思いをすることも無く、嫌な思いをすることもありません。

PMTC

Professional  Mechanical  Tooth  Cleaning の略語で、「専用の器材を使用したプロによる歯のクリーニング」を意味します。このPMTCは、バイオフィルム(プラーク・歯垢)を除去し、虫歯や歯周病予防する効果的な方法です。、インプラントを入れた後のメンテナンス時にも使用します。

初期の歯周病治療

歯周病治療は、進行具合によって異なります。初期のころであれば、スケーリング、ルートプレーニングという方法で歯石を取り除きます。歯石は名前の通り、歯垢が石のように固まっているので歯ブラシでは取り除けません。まず、この歯石を専用の器具を使って取り除きます。それから、細菌が再び付着しないように表面を滑らかにします。歯周ポケットの奥深くまで治療しますが、麻酔をするので痛みを感じることはないでしょう。

中期の歯周病治療

症状が中期以上になってくると、歯肉にメスを入れ、歯の根を露出させて歯周ポケットや歯の根のあたりに付着した歯石を取り除いてゆきます。フラップオペレーションと呼ばれる手法です。もちろん麻酔をしているので痛みを感じることはありません。

後期の歯周病治療

後期に入ると、歯を支えている骨が溶けているので、組織を再生するために「エムドゲイン」という薬剤を用います。この薬剤は、赤ちゃんの歯が生えてくるときに重要な働きをするタンパク質の1種です。溶けた骨の周りに薬剤を注入すると、薬剤が吸収されていくとともに組織が再生していきます。

クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください