Profile
美食を楽しむように歯を守りましょう

「歯医者に行くのは、痛くなってから、悪くなってから。」

2018/08/07 16:11

「歯医者に行くのは、痛くなってから、悪くなってから。」では遅いのです。悪い所が見つかって、治療をするということの繰り返しにより、歯の寿命は短くなり、痛い思いをして治療を受けて最終的には歯を失ってしまうことになります。定期的に歯の汚れを落とすことにより(もちろんホームケアはさらに重要です)、未然にむし歯や歯周病を防ぎ、一生自分の歯で噛めるようにしていきたいと思っています。

http://www.zetadental.jp/

定期健診の勧め

悪い所が無くても、定期的にお口のクリーニングを受けると、そうでない場合に比べて歯が残る数が大変違ってきます。お口の健康を維持するためには、続けてお口のクリーニングに通うことが大切です。むし歯や歯周病を未然に防ぐことにより、快適な生活が送ることができるだけでなく、痛い思いをして治療を受ける必要もなく、長い目で見ると治療費がかからない分、経済的です。

歯科医院で行う歯のお手入れとして、PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)が挙げられます。ご自宅で正しいブラッシングを続けていても、どうしても取り除けないプラークがあります。PMTCでは、専門のトレーニングを受けた歯科医師・歯科衛生士が、歯の表面に付着したプラークや沈着物を特殊な機器を用いて完全に取り除きます。また、プラークの再付着を防いで歯質を強くするためにフッ素塗布を行います。北欧でシステム化され、現在では多くの国で行われている方法です。PMTCの効果として、「虫歯予防」、「歯周疾患の改善と進行の防止」、「歯質の強化」、「審美性の向上」などが挙げられます。

虫歯や歯周病の治療後に大切なことは、再発させないようにすることです。治療が完了した後で、すぐにまた虫歯や歯周病にかかってしまっては元も子もありません。3~6ヶ月に一度は歯科医院で定期検診を受け、日頃から虫歯や歯周病の予防と早期発見・早期治療に努めましょう。

虫歯や歯周病は「感染症」です

虫歯も歯周病も、細菌がいるから起こります。

細菌感染なので、人から人へ唾液を介して感染します。特に、母子感染。家族間感染をするものであるという認識が必要です。したがって感染症であるからには、感染をコントロールすることによって疾患の治療や予防が可能になるということです。また、歯周病は自覚症状がなく、気が付くと進行しており、歯が抜け落ちてしまう怖い病気ですし、更に口臭の原因にもなります。そこで当院では歯周病治療(口臭治療)や口臭予防・対策にも力を入れております。

クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください