Profile
美食を楽しむように歯を守りましょう

歯科医院は「歯が痛くなってから」など、何か起こってから行くというイメージがあるかもしれません

2018/08/08 12:40

そのためにも歯科医院で実施している、歯科医師や歯科衛生士が行うプロフェッショナルケア(プロケア)を受けて頂くことが大切です。 更には歯科医師や歯科衛生士の指導によって、毎日ご自宅で取り組んでいただくセルフケアも非常に重要です。プロケアとセルフケアの両方をしっかりと実施していくことで、虫歯や歯周病にならない予防ができるのです。

http://www.zetadental.jp/

虫歯と歯周病は細菌が原因です。40代で口腔内の菌の種類が歯周病の菌に偏る傾向があると言われています。そして40代以上の日本人では、8割もの人が歯周病にかかってしまうと言われています。 歯周病は、お口の中に残った食べ物の糖分などを、細菌が栄養にしていきます。そしてそのまま放置してしまうと歯周病の原因になってしまうのです。 

定期検診がおすすめです

歯科医院は「歯が痛くなってから」など、何か起こってから行くというイメージがあるかもしれません。しかし、虫歯になってしまってからの治療では汚染歯質を削って虫歯の進行を止めることはできますが、溶けたり削ったりしてしまった歯を元の天然歯に戻すことはできません。どんなに精密で美しい人工歯を装着したとしても天然歯には勝るものはないのです。

定期検診を受けるということは、「痛む」「しみる」「腫れている」などの自覚症状が現れないうちに歯科のプロフェッショナルによるチェックを受けるということです。つまりもしも虫歯や歯周病にかかっていたとしても早期発見・早期治療につながります。お口の健康を損なうことを最小限に抑えることができるのです。さらに定期検診では歯のクリーニングを行い、お口のトラブルを引き起こす原因となるプラーク(歯垢)や歯石を落とすことができます。これが予防につながるのです。それはお口の健康維持ができるということでもあります。そのため定期検診がおすすめなのです。

治療後はメインテナンスが大切です

虫歯も歯周病も再発しやすい病気です。そのため治療が終了してもそこで安心しきって、口腔ケアの手を抜いてはいけません。治療した状態を保つために、毎日の口腔ケアを続けてください。お口のトラブルを引き起こすプラークは歯科医院での歯のクリーニングでいったん除去しても3ヶ月ほどすると再生してしまうといわれています。そのため、定期検診をおすすめしています。しっかりメインテナンスを行いお口の健康を保ちましょう。

クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください