Profile
美食を楽しむように歯を守りましょう

歯周ポケットの深さなどによって「軽度・中度・重度」に分類されます

2018/08/16 16:58

とくに、むし歯にかかりにくい方ほど、水面下で進行しているケースが散見されます。何もなくとも、早々にチェックしてみてはいかがでしょうか。とりわけ完治の難しい病気ですので、早期に発見し、それ以上の進行を食い止めることが大切です。

歯周ポケットの深さなどによって「軽度・中度・重度」に分類されます。重度の症例については、歯ぐきを切開して、顎の骨に近い部分をお掃除していく必要があるでしょう。いずれにしても、早期発見と、健康管理の早期着手が望まれます。

歯周病の症状は、かむ力によっても左右されます。歯周病によって顎の骨が弱くなってくると、歯は、より左右に揺さぶられるのです。家の基礎に例えるなら、くいの刺さった土台がひび割れてきている状態といえます。ただでさえ安定しませんし、隙間に歯周病菌が入り込む恐れもあります。

http://www.zetadental.jp/

全身疾患と歯周病は、相互に影響を与えています。歯周病の原因は「細菌による感染症」であるため、体の抵抗力が強ければ病気の進行を食い止めることも可能です。しかし、他に病気を抱えて抵抗力が弱っていると、歯周病の進行を食い止めにくくなり、「歯周病原菌」が体内に流れることで、他の病気を引き起こすなど悪化させる原因となります。

特に、影響の大きい疾患としては糖尿病があります。

糖尿病になると細菌を退治する白血球の機能が阻害されるため抵抗力が極端に落ちてしまいます。その為、歯周病にかかると短期間で重症化しやすくなります。また、歯周病巣から出る「TNF-α」が増えると血糖値のコントロールを障害する作用があり、糖尿病の経過にも悪影響を与えます。逆に歯周病が治ると血糖値が下がり、安定することもわかってきました。

他にも、心臓血管系疾患、細菌性心内膜炎、呼吸器疾患、低体重児出産などの関連性が明らかになってきており、歯周病のケアは歯の問題だけでないことがわかってきています。

この様に、静かな脅威を持ち全身を蝕む可能性のある「歯周病」ですが自分で予防でき適切な治療を受けることで治せる病気なのです。

クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください