Profile
美食を楽しむように歯を守りましょう

特徴など:成長期の子供の顎の骨を、発達に合わせて行う歯列矯正

2018/09/11 13:12

矯正歯科は、見た目を良くするということも当然ありますが、歯並びの悪さは、美容の問題以外にも不正咬合、発音障害、むし歯、歯周病などの原因にもなります。また、義歯を付ける際、歯並びを治さないと義歯を付けられない場合があります。

歯には力を加えるとその方向に移動する性質があります。その性質を利用して口の中に様々な矯正装置を入れて歯に一定の力をかけ時間をかけて歯を動かして治療していくものです。矯正歯科は、美しい容貌や素敵な笑顔を作ることはもちろん、歯などの口腔内や全身の健康を維持するために必要なのです。

http://www.zetadental.jp/

歯列矯正の治療法と特徴

ワイヤー矯正

特徴など:最も一般的な治療法で、歯の表面にブラケット(装置)をつけて、ワイヤーで牽引することで歯を動かす方法です。

費用の目安:100万円前後

メリット:矯正効果が高い

デメリット:装置が目立ちやすい

マウスピース矯正

特徴など:透明樹脂のマウスピースを歯に被せて、徐々に型を取り換えて行くことで目的の歯並びに誘導する方法。

費用の目安:60万円くらい

メリット:装置が目立ちにくい

デメリット:軽度の歯列矯正しかできない

裏側(舌側)矯正 

特徴など:歯の裏側に装置を装着する矯正治療法。歯を動かす仕組みはワイヤー矯正と同じです。 

費用の目安:150万円前後

メリット:装置が表から見えない 

デメリット:治療費が高い

セラミック矯正 

特徴など:歯の表面に板状のセラミック人工歯を貼り付けたり、削った歯にセラミックのクラウンを被せることで矯正する方法。 

費用の目安:1本につき10万円前後 

メリット:極めて短期間(半月から1月)

デメリット:剥がれ・割れが起こりやすい

子供の場合 

特徴など:成長期の子供の顎の骨を、発達に合わせて行う歯列矯正。6歳から14歳くらいの子供で可能。

費用の目安:60万円くらい 

メリット:永久歯を抜かずに矯正できる 

デメリット:治療期間が長い

クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください