Profile
美食を楽しむように歯を守りましょう

プラークは歯にくっついてから時間がたつと歯石になります

2018/09/11 16:19

歯周病は、放っておくと歯を失ってしまう、歯ぐきと歯を支える骨の病気です。

歯周病菌の原因菌を含むプラーク(細菌のかたまり)によっても炎症が起こります。

生活習慣によっては、歯周病を悪化させるものもあります。

歯周病は、歯と歯ぐきの間に入り込んだ歯周病原菌と全身や生活習慣の問題から起こる病気です。

http://www.zetadental.jp/

プラーク

歯の表面に形成されたプラークには、さまざまな細菌が存在します。

歯石

プラークは歯にくっついてから時間がたつと歯石になります。

歯ブラシでは取ることができません。

喫煙

血行障害を起こし口の中の抵抗力が弱まります。

歯ぎしり、くいしばり

無意識のうちに過大な力が加わることで歯を支える骨に負担がかかります。

清掃不良

食後のブラッシングを習慣づけましょう。

その他のリスクファクター

糖尿病、ストレス、片寄った食事、薬剤の服用なども歯周病の進行を促進します。

セルフケア

歯みがき

プラークコントロールの基本は、毎日の歯みがきです。

歯周病の原因は、細菌性プラークです。

細菌性プラークを確実に取り除く「プラークコントロール」を修得することが大切です。

生活習慣の改善で、歯周病のリスクファクターを取り除く

生活習慣をどれか1つでも改善することが、歯周病予防に繋がりあなたの歯を守ります。

喫煙

血行障害を起こし口の中の抵抗力が弱まります。

歯ぎしり、くいしばり

無意識のうちに過大な力が加わることで歯を支える骨に負担がかかります。

清掃不良

食後のブラッシングを習慣づけましょう。

その他のリスクファクター

糖尿病、ストレス、片寄った食事、薬剤の服用なども歯周病の進行を促進します。

定期検診・メインテナンス

歯周治療では、定期的に口の中、歯の周りの組織のチェックを受けることが必要となります。 歯周病は再発しやすい病気で、場合によっては再度問題が見つかり、治療が必要となることもあります。メインテナンスの期間は、患者さんのお口の中の状態によっても異なります。ぜひ期間を決めて、歯医者をご利用下さい。毎日の的確な歯磨きと規則正しい生活習慣が出来ているかどうか、再発がないか、定期的に歯医者さんでチェックを受けましょう。

クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください