Profile
美食を楽しむように歯を守りましょう

フッ素には歯質を強化する働きがあります

2018/10/09 11:50

皆様は治療が終わったあと、またむし歯や歯周病になり、歯科医院で治療を受けた経験はありませんか?

もしそういう経験があるなら、それは定期的な検診や予防処置がきちんといかされていないのかもしれません。予防歯科の重要性がお分かりの方でも、ご自分のお口のリスク(虫歯や歯周病のなりやすさ)を知らなければ、予防しようがありませんよね。

http://www.zetadental.jp/

メンテナンスとは、私たちお口の専門家が、歯科医院で定期的に皆さんのお口のケアを行い、お口のリスクを「検査、管理、予防」することにより、そういった治療終了後の病気の再発を予防していくことなのです。

予防処置ですから、お口の環境が悪くなる前に定期的に行っていくことにより、健康なお口の状態を保つことができます。あまり知られていないのですが、実は初期の虫歯は痛みを感じませんし、歯周病も歯が揺れてくるまで気づかないことが多いのです。ですから、痛みが出たり、歯が揺れたりして歯科医院に訪れると、予想以上に治療期間がかかることはよくあります。

予防歯科とは不健康な「歯」を予防することを目的としたもので、現在ではこの予防歯科が大変注目されています。そういった中でも日本人は虫歯が多いといわれており、大切なお子様の歯や、ご自身の歯のメンテナンスは定期的に必要なものなのです。一歯科では、予防歯科の受診として来院される方が多くみえます。一時的な歯科治療ではなく、一生付き合っていく歯だからこそ大切にしたいという一宮市地域の方が多いのでしょう。歯の専門医としてはこれほどうれしいことはありません。虫歯治療する前に、虫歯を予防することの重要性をこれからも多くの人にお伝えしていきます。歯のクリーニングとしてご自宅では落とせない歯垢、歯のヤニや着色などをきれいに治療いたします。今までは予防歯科を意識したことがない方でも大丈夫。私たちがしっかりと歯についてメンテナンスサポートいたします

フッ素塗布

フッ素には歯質を強化する働きがあります。フッ素を塗布することで虫歯菌が出す酸から歯を守り、虫歯になりにくくします。また、歯の表面(エナメル質)の再石灰化を促す働きもあるため、初期段階の虫歯であれば完治させることも可能です。

定期検診

どんなに毎日ブラッシングに気を遣っていても、治療によって口腔内の健康状態を取り戻したとしても、再び虫歯や歯周病になってしまうことがあります。新たな発症、再発を防止するために定期検診を受け、普段のケアにプラスしてメインテナンスを行いましょう。定期検診を受けることで早期発見・早期治療につながり、口腔内の健康を長期にわたって維持できます。

クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください