Profile
美食を楽しむように歯を守りましょう

定期的にむし歯菌そのものを減らさなければまたむし歯になってしまうのです。

2018/11/05 11:50

むし歯は「ミュータンス菌」という細菌が原因でおこります。

ミュータンス菌は歯面に強烈に付着する性質を持っており、付着性のない細菌達もミュータンス菌を足掛かりにして、次から次へと歯面に付着していきます。そして、細菌同士スクラムを組んだ固まり=バイオフィルムを形成します。このバイオフィルムはたくさんのむし歯菌や歯周病の原因菌の住みかとなり、ハミガキや薬品では破壊することができないのです。

http://www.zetadental.jp/

バイオフィルムという強力なバリアで守られた細菌は、糖分と結合して、歯を溶かす酸をつくります。まず、歯の表面にあるエナメル質を溶かし始め、エナメル質の下まで達すると、酸に弱い象牙質が急速に溶け、むし歯が早く進行していくのです。いくらむし歯を削って詰め物をしても、むし歯菌自体がなくなったわけではありません。定期的にむし歯菌そのものを減らさなければまたむし歯になってしまうのです。

プロ・クリーニングとは?

歯の表面についた細菌の膜を剥がし、徹底的に磨くことで悪玉菌(むし歯や歯周病の原因菌)を一掃し、再び歯の表面に付きにくい環境を作ります。その後、抗菌作用、歯の再石灰化作用のあるフッ素を塗ることで、悪玉菌を歯に寄せ付けず、善玉菌の多い保護膜を形成し、歯の表面を強化します。また、飲食物やタバコによる着色も落ちるので、歯本来の色を取り戻し、つややかな歯によみがえらせます。1~6ヵ月の間隔(お口の中の状況により間隔差あり)で継続して施術をお受けになると最高の健康維持、予防につながります。

予防グッズ

歯科医院で定期的に専門スタッフによる予防プログラムを受けることも大切ですが、日頃お口の中に入れる物から配慮することで、より一層予防効果を期待できます。当院では、まだお口の中になかなか歯ブラシを入れさせてくれない小さなお子様から、楽しく・無理なく予防歯科を実践出来るグッズを取り揃えております。

「8020運動」をご存知ですか?これは“80歳になっても20本以上の自分の歯を保とう”という運動です。平成元年、厚生省(現・厚生労働省)と日本歯科医師会が提唱し、広く国民に呼びかけてきているものです。人間の歯は、親知らずを除くと一般的には28本あり、そのうち20本以上の自分の歯があればほとんどの食物を噛み砕くことが出来、美味しく食べられるのです。生命の源である食事、そして生きる楽しみの1つでもある食事を一生涯快適なものにするためにも「8020運動」を今日から実践してみませんか?

クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください