Profile
美食を楽しむように歯を守りましょう

歯石になるまえのプラークはブラッシング(歯磨き)で落とすことができます

2018/11/06 16:32

予防歯科で行なうこと

「自分の歯が一番」「予防が一番」と繰り返してきましたが、予防歯科とはどのような治療を行うのでしょう。主な方法は以下の通りです。

スケーリング(歯石・歯垢除去)

スケーラーという器具を使用し、歯や歯周ポケット内に付着した歯石やプラーク(歯垢)を除去することです。歯石や歯垢は虫歯菌・歯周病菌の巣窟で、放置しておくと繁殖していき、歯や歯の周りの骨をボロボロにします。プラークはブラッシング(歯磨き)で取ることができますが、歯石になってしまうとスケーリングするしかありません。スケーリングをするためだけでも、定期的に歯科医院へ通うことをおすすめします。

http://www.zetadental.jp/

ブラッシング指導

歯石になるまえのプラークはブラッシング(歯磨き)で落とすことができます。しかし、プラークはバイオフィルムという膜を作って自らを守るという厄介な性質があり、なかなか落ちません。誰もが皆、磨けていると思っているのに、案外磨けていない。それがブラッシングの現状なのです。

PMTC

PMTCとはProfessional Mechanical Tooth Cleaningの略で、歯科医師や歯科衛生士が専用の機械を用いて歯をクリーニングすることです。歯石とプラークを除去した後に、専用の研磨ペーストとゴム製のチップ、毛の柔らかい回転ブラシなどの専門の機械を使用し、歯をクリーニングします。歯や歯ぐきを傷つけるはなく、痛みもまったくありません。中には気持ちよくて眠ってしまう患者様もいらっしゃいます。仕上げにフッ素塗布し、ブラッシング指導、食生活など虫歯・歯周病予防のためのアドバイスをさせていただきます。

患者さまの状態に合わせ、2~4ヶ月ごとの定期検診を推奨しています。定期的な口腔内のチェックや専門的なクリーニングは、虫歯や歯周病の予防をはじめ、健康状態を維持するためもとても大切なことです。また、虫歯や歯周病が見つかった場合、早期に治療を行うことができるというメリットがあります。お子様の場合は、ブラッシング指導を中心とした虫歯予防を中心に、歯並び、噛みあわせを確認し、顎や口元の正常な発育を促すような正しい噛み方かどうかをチェックし、健康的な顎の骨の発育をサポートいたします。

クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください