Profile
美食を楽しむように歯を守りましょう

歯周病も例外ではありません

2018/11/09 13:02 作りおき

これまでは、歯が痛くなったり、歯がグラグラしたりしてはじめて歯医者に行くことが当然だと考えられていました。しかし、あらかじめ病気にならない口腔内環境を整えておけば、治療で痛い思いをしたりダメージを受けたりする負担がなくなるのはもちろん、歯を失うリスクにさらされずに済みます。そのため近年では、病気になる前にメインテナンスを受けることを目的として歯医者に行くという考えが広まりつつあります。

http://www.zetadental.jp/

歯周病も例外ではありません

歯周病は歯を支える大切な骨が吸収してしまう恐ろしい病気ですが、一度吸収してしまった骨を完全に再生する事は不可能です。歯周病の治療の主な目的は失った骨を戻す事ではなく、それ以上進行を予防する事しかできないのです。 (歯周再生療法を用いれば多少、骨を増やす事はできますが、完全に元に戻すことは不可能です)。

食生活改善

現在スーパーやコンビニにはスナック菓子やチョコレートなどのような糖質を多量に含んだ食品があふれており、いつでも食べられる環境にあります。いかに自宅で適切なケアを行い、定期健診に通っていても、そのような甘い食べ物ばかりを食べていたら、虫歯や歯周病を予防する事はできません。当院では食事に対する指導も積極的に行っております。食生活をもう一度見直し、虫歯のない強い歯を作っていきましょう。

ブラッシング指導

当院では受診していただいた患者様には必ずブラッシング指導を行います。歯磨き指導というと子供が受けるものと思われる方も多いですが、もちろん大人でも虫歯や歯周病を予防するために、適切なブラッシングというのはとても大切になります。当院では今後、歯を失うことがないよう、ブラッシング指導を徹底して行っております。

日々のケアの重要性

適切でないブラッシングや、糖分の過剰摂取などによって歯垢(プラーク)というものに変化のちに放置したものが歯石と呼ばれるものです。歯石になる前の段階である歯垢の状態ではブラッシングで除去が可能なので、日頃からしっかりとブラッシングをすることが重要になります。

虫歯や歯周病が進行してしまった歯は、抜いたり削ったりという治療は施せても、元の健康な状態に戻すことは決してできません。また治療を施した歯というものは再度虫歯や歯周病になりやすいものなのです。

歳月と共に歯並びや歯茎の下がり具合なども変化してくるので、歯とお口周りの状態の把握・正しいブラッシングが出来ているかのチェックは大変重要になってきます。

定期的に正しいブラッシングが出来ているかもご相談致します。

クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください