Profile
美食を楽しむように歯を守りましょう

日頃の心がけと歯医者さんと上手にお付き合いしていくことで、健康なお口の状態で過せます

2018/12/03 17:06

身体も歯も健康であることが一番です。歯の場合は虫歯や歯肉炎・歯周病などのお口の中のトラブルが発生する前に予防することが大切です。

予防型歯科先進国の北欧:スウェーデンでは80歳で20本の歯を残している方が非常に多い中、日本人は歯の残っている本数は80歳で平均5本です。しかも、日本人は毎日欠かさず歯磨きをしているのにもかかわらずの結果です。この違いは、『磨いている』と『磨けている』の大きな違いにあります。

自分ではきちんと歯磨きができているつもりでいても、実はしっかりと『磨けていない』という方が多いのです。磨き残しがあると虫歯の発生の原因だけではなく、歯肉炎・歯周病の発生リスクも非常に高くなります。知らず知らず自覚症状の無い中で進行していく為、やがて歯を失うことになってしまいます!現在治療中の方も、治療をしたから大丈夫!ということはありません。治療したところが二度と再発しない為にも歯科医院で受けた指導をしっかりと守っていきましょう!歯やお口の中の異常を特に感じていない方も、定期的に歯科医院での検診を受けて健康な状態を保っていきましょう。

 http://www.zetadental.jp/

定期的に歯科医院でチェックをしている方は、たとえ虫歯になりかけた歯があったとしても削らずに済みますが、痛くなった時にだけ歯医者にいく方は、虫歯が進行しいるので歯を削り、神経をとる処置をする事になってしまうこともあります。痛い思いをしたあげく、何度も通院し、費用も時間もかさむことに・・・。日頃の心がけと歯医者さんと上手にお付き合いしていくことで、健康なお口の状態で過せます!!

毎日しっかり歯を磨いているつもりでも、歯と歯のすき間や、歯と歯ぐきの境目に、歯ブラシでは落とすことの難しい汚れが残っています。このネバネバした汚れをバイオフィルムといいます。バイオフィルムには、バイ菌が住みつき放っておくと、むし歯や歯周病、口臭、全身のさまざまな病気の原因となります。バイオフィルムが形成されると、抗菌剤やフッ素化合物などの薬剤が歯の表面まで到達しない為、十分な効果が期待されなくなります。バイオフィルムは普段のブラッシングでは除去しにくいので、プロによる定期的なクリーニングでしっかり除去しましょう。

PMTCは、毎日の自分で行なう歯磨きで落ちない歯の汚れを歯医者さんで専用機器を用いてきれいにクリーニングすることです。毎日、知らず知らずのうちに磨き残してしまった部分や歯ブラシでは磨くことができない歯周ポケット内の歯の根の部分もキレイに磨き上げて汚れを取り除きます。歯石を取るような治療ではなく、あくまで心地よい範囲の刺激で行なわれます。治療ではなく歯磨きの手伝いをして欲しい人、歯周病の治療が終わっている人、矯正中の人、被せ物やブリッジなどがある人におすすめです。

クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください